争いごとを法律を使い収める弁護士

日本も含め世界中の全ての国には法律というルールが存在する。その法律を知り尽くした専門家が弁護士という職業だ。

法律はとても難しいもので、日本でもたくさんの法律が存在する。法律の改定などにより変わることもあるし、制度の変更などもある。

あるていどの法律は分かっていても、具体的なことは分からないのが一般的だろう。そんな時に、弁護士事務所に話しを聞きに行き、弁護士さんからアドバイスを貰う。

また、どんな問題でも法律により解決することが出来る。弁護士は法律を使い、依頼者を弁護するのが役目である。

トラブル、問題、事件、事故など、あらゆる問題を法律の視点から見て困っている人にアドバイスする。問題が大きければ、先頭に立ち問題を解決する為に働いてくれる。

先頭に立って問題解決するといっても、あくまでも第三者としての立場。争いごとの問題が大きくなる前に解決させるのも弁護士の仕事です。

揉めている人同士、話し合いをしても何の解決にもならない。だから第三者を挟み話をして解決策を一緒に考える。弁護士という職業は、争い事を解決させる手助けをしたり、法律により押さえ付けられている人を弁護する職である。